家庭との両立

結婚、出産などライフスタイルが変わることで仕事を続けるのか辞めるのかという問題にあたることが必ず出てくると思います。看護師の仕事は人の命に関わる仕事ということもあり精神的にもストレスがたまりやすいし、仕事が激務で日勤、夜勤をこなさなければならないため体力的にもハードです。ですので、家庭を持ち子どもを育てながら仕事をするとなるとその両立は半端な覚悟では出来ません。そのためには家族をはじめ周囲の理解と協力が必要不可欠です。子育て中でも仕事を続けていこうとすると、まずは夜勤がないクリニックや、日勤のみで働くパートで、という雇用形態に変える人もいます。クリニックでは残業もほとんどないし土日も休みなのでプライベートの時間がとれるし、パートでの勤務も残業はほぼなく好きな曜日で働くことが出来るのでいいと思います。しかしクリニックでは最新医療には触れることは出来ないし、パートだと福利厚生が手薄いのがデメリットでしょう。自分の看護師のキャリアアップのためにも現場には立ちたい、という人は、病院自体に託児所があるところを選ぶといいと思います。最近ではそういった病院も増えてきたし、さらに24時間託児をしてくれるところもあります。ですので夜勤にも入ることが出来ます。この託児所は未就学児まで、という印象もありますがまだ家に1人で残しておくことも憚られる小学校低学年でも利用できるところがあるので、調べてみるといいでしょう。しかし、託児所を利用するのもやはり家族には負担になります。家族間でしっかりと話し合うことが大事です。しかし、調べてみると透析看護では夜勤がなく、認定看護師になる道もあります。患者は定期的に訪れるから突発的なこと以外では、残業もありません。さらに勤務方法では、患者のサイクルに合わせて一日置きの勤務も可能だそうです。地域に運よく透析の求人があれば、面接を受けてみるといいかもしれません。専門クリニックもあるので、小規模体制の職場で勤務することも夢ではありません。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>