日勤業務に就きたいなら

「日勤」は昼間の勤務です。各病院により時間帯は多少の違いがあっても昼間の時間帯にはかわりありません。

若い医師はやる気も体力もあるため、日勤と夜勤を続ける医師がいるそうです。外科や呼吸器科は手術の患者の容態しだいでは、日勤と夜勤を続けることは体力的にも難しいことがありますが、精神科や心療内科などカウンセリングが中心となる診療科や完全予約の人工透析治療に関わる場合は日勤のみが多い。

大学病院は緊急搬送の患者の受け入れがあるため、常勤、非常勤に関わらず寝当直をしなければいけないこともあります。一般の病院や専門病院では夜勤専門の医師を雇っている場合が多いと言われており、その場合患者さんが重なることもあり診察の優先順位を付けられる知識やスキルのある医師が必要とされます。

夜間の入院病棟は患者さんが転倒して外傷を負うこともあったり、オンコールで医師が呼ばれることもままあるそうです。さらに付き添いの家族から医師が呼ばれることもあり、医師が診察するか看護師が診るかで、意味も違ってくるのです。

かくして1か月に何日かの夜勤があったりその翌日が規定通り休みであればまだよいのですが、帰るに帰れない状態が続くため転職を希望するようになり「日勤だけの勤務」の場所を探すようになります。

看護師についても同じです。夜勤なしを探すならキャリアを維持できて高給・夜勤なしを探すと透析ナースがある。遅くても21時までの準夜勤といったところでしょうか。休日出勤なし・オンコール無しですから、仕事にストレスを感じなければ透析治療の現場は理想的な職場といえます。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>