看護師の労働環境について

看護師を取り巻く労働環境は、年々問題視されています。看護師の労働環境は極めて過酷で、政府が看護師の行う医療補助の範囲を広げたことで、更に看護師にかかる負担は大きくなりました。看護師は今まで行っていなかった(医療補助の範囲外)注射などを行うことで、看護師の技術の向上や、多くの患者のケアができるようになりました。しかし、人手不足などのために看護師一人当たりの仕事量が増えている現状の中、更に業務を拡大させるとなると、一段と看護師の負担は多くなり、労働環境の悪化になります。

看護師自体の技術向上は、これからの医療にとって、とても重要なことだと言えますが、今の現状でこういった業務拡大をやるべきではないという意見もあります。なぜこういう現状の中、看護師の業務を拡大させようとしたのか。それは、看護師ばかりでなく、医師も人手不足だからです。そのため、看護師の技術を向上させ、これまで医師が行っていた医療行為を代行させることで、医師の不足分を補おうとしているのです。

当然ですが、看護師を育てるより、医師を育てる方が、時間もコストもかかる訳ですから、看護師の技術を向上させ、医師の穴埋めをさせた方が効率的には良いと考えたのでしょうが、それが看護師の労働環境の悪化になるということは考えなかったのでしょうか。ただでさえ、夜勤や残業・人間関係などで看護師の体力や精神力は日々削られて行くのに、更に追い打ちをかけていることにしかならないような気がします。

また、長期に渡る治療を送っている現場での看護師の現場は、ストレスが多い。離職率が高く常にナースの受入れや導入研修が行われている。教育なくしてすぐに就業可能な現場はありません。特に透析治療は、食事、運動についてもカウセリング能力が必要とされています。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>